MENU

国立科学博物館附属自然教育園 巡り 〜 春(4月上旬) 〜

当ページのリンクには広告が含まれています。

東京都の白金台にある「国立科学博物館附属自然教育園」へ行ってきました。その時(4月上旬時点)の様子を共有させて頂きます。

目次

国立科学博物館附属自然教育園とは?

国立科学博物館附属 自然教育園は、港区白金台、目黒駅より徒歩9分という立地条件にありながら、自然の面影を残す数少ない森になりなす。元は、400~500年前の中世の豪族の館から始まったとされ、江戸時代には高松藩主松平頼重の下屋敷、明治時代には陸海軍の火薬庫、大正時代には宮内庁の白金御料地と歴史を重ね、通常一般の人々が中に入ることができなかったため、豊かな自然が残されました。1949年に全域が、天然記念物および史跡に指定されると同時に、国立自然教育園として一般に公開されるようになり、その後、1962年に国立科学博物館附属自然教育園となりました。

一般的な植物園や庭園と違い、自然の移りゆくまま、できる限り自然の本来の姿に近い状態で残そうという独特の考え方の元で運営されています。

国立科学博物館附属自然教育園のアクセス

国立科学博物館附属自然教育園への(電車での)アクセスについては、以下の通りになります。

  • JR山手線 目黒駅より徒歩9分
  • 東急目黒線 目黒駅より徒歩9分
  • 東京メトロ南北線/都営三田線 白金台駅より徒歩7分

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。簡単に私の経歴を紹介させて頂きます。
私は、長野県出身で、大学入学までは、長野県で生活をしてきました。
その後、某都内大学の経営システム工学科を(成績上位で)卒業し、上場企業の某大手SIer企業に就職しました。
現在は、都内で生活をしています。今までの経験をもとに、皆様のためになる情報を提供できるよう頑張ります。
また、現在、ITパスポート試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、PMPを保有しております。高度情報技術者試験については、挑戦する予定です。情報処理技術者試験を始め、IT知識に関した、皆様のためになる情報を提供できるよう頑張ります。

コメント

コメントする

目次