MENU

【青汁王子流】お金持ちになるための方法!!!

当ページのリンクには広告が含まれています。

青汁王子こと、YouTuber 、実業家でもある三崎 優太さんがYouTubeでお金持ちになるための方法を語っています。三崎 優太さん自身も、青汁のネット通販が爆発的にヒットして「すっきりフルーツ青汁」を2017年累計1億3000万本販売し、通販売上高は131億円にもなり、ビジネスでとても成功されている方です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,890 (2024/04/20 10:27:06時点 Amazon調べ-詳細)

お金持ちになりたい方には、役に立つと思いますので、YouTubeで語られている「お金持ちになるための方法」について一部紹介していきます。最後まで読んでいただけるとお金持ちになれる可能性が上がると思います!!!

目次

お金持ちの定義

今回紹介するやり方での「お金持ちの定義」は、どんなに安くても1億円以上を想定します。ちなみに、青汁王子自身は、この方法を用いて数十億円単位で稼ぐことができています。今回は前提としてお金がない、起業したことがない人を対象にやり方を紹介していきます。

お金持ちになるために、最初にやるべきこと

最初にやることは、ビジネスを立ち上げることです。 事業をやることが一番お金持ちになる最短の方法だと考えています。事業を始めるために何のビジネスをやるかが非常に大事です。(ビジネスの選択を例えると、先進国で生まれるかもしくはお金がない 貧しい国で生まれるかどこの国で生まれるかと同じぐらいの インパクトがあります。何のビジネスをやるか決めた時点で、勝つか負けるかが決まってしまいます。)

一番悪いビジネスの事業は「飲食店」になります。 飲食店自体は、人を幸せにする素晴らしい仕事ではありますが、お金儲けという意味で考えると飲食店ほど難しいものはありません。

現に飲食事業で上場している会社の時価総額は、例えば、IT会社投資会社(ソフトバンク・サイバーエージェント)みたいな会社の時価総額を比べてみると天と地の差があります。これは、飲食店でトップクラスのすき家などで有名なZenshoでも428,660百万円の時価総額にしかならないんです。ソフトバンクみたいな会社になると9,446,955百万円の時価総額になります。どういうビジネスモデルをやるかによって、そもそも獲得できる市場規模が変わります。

市場規模っていうのは、その業態に年間のお金の動きがいくらぐらいマーケットにあるかという目安になります。市場規模が大きければ多いほど チャンスが広がります。また、仮にシェアを獲得できた時の売上高や利益率が全然変わってきます。そのため、どういうビジネスモデルをやるかがとても大事です。

市場規模が大きいビジネスをやり、少しのシェアを取ることができれば、それだけでもビジネスが成立します。小さい市場規模の業態に入って、一生懸命頑張っても市場規模自体が小さいからそこでいくらシェアを取れても、売り上げが取れなかったりもします。

そのため、どういうビジネスモデルをやるかによって、勝ち負けが最初からほぼ決まるっていうことを覚えて欲しいです。

多くの方が失敗する典型的は、 儲かっている話を聞いて、儲かっている事業をやることです。誰かに儲かってるとか教えてもらい自分もできるかもしれないと思ってやるケースが多いです。しかし、それはあまり好ましい選択とは言えません。

ビジネスは先にやった方が、圧倒的に有利になります。儲かってるよと噂になっている状態では、すでにプレイヤーが参入してていて儲かってる人たちがいます。その儲かってる人たちに後発が勝つのは、難しいです。先行者利益というビジネスキーワードがありますが、この先行者利益の力は結構大きいです。並大抵の力では崩せないです。なので、資本力もない人脈もない状態から、起業した人がそこに勝っていくのはなかなか難しいです。

どういうビジネスをやるべきか?

では、どういうビジネスモデルをやれば良いかというと、それは簡単で、儲かり始めた人がいる。儲かり始めた人がいるよというビジネスモデルをやります。儲かり始めた人がいるということは、その市場ができたばかりもしくは、参入余地がある状態です。なので、儲かり始めた人が 儲かっている人になる成長曲線を一緒に取っていくようなイメージで参入します。

例を挙げると、例えば、青汁王子は、青汁を販売して3年間で年収130億円になりました。 当時は、単品リピート通販というビジネスモデルでありました。通販ですが、今D2Cっていう言葉で呼ばれるようなビジネスモデルをやっていました。その時は、スマホで青汁を売ってる人がいなかったのです。 その頃、周りの会社がスマートフォンでサプリメントとか化粧によって儲かり始めてると聞いて、自分もできるんじゃないかなと思い参入しました。

その過程の中で、周りも含めて業界が儲り儲かる上昇気流と共に、一緒に自分も儲かることができました。それだけなんです。もちろん、努力も死ぬ気でやり努力の結果でもありますが、上昇気流に乗れたことは大きいと思っています。なので、今の状態で0から青汁を売り130億いけるかと言われたら99.9%も無理です。今から通販D2Cをやるのは、本当に 死人に行くのと同じです。現在、いろんなプレイヤーが青汁王子みたいに青汁を売ろうとして、みんな撤退していってます。今から参入するのは難しいのです。もうすでに儲かってる会社たちがあるので、その会社たちが牛耳ってしまっているので、新参者の人は、よほどのお金を投資しない限りはうまくいきません。

これから来る業界もあります。例えば、NFTもそうかもしれないです。NFTの転売の話をして、それで実際2億円儲かった3億円儲かった人もいます。今儲かり始めてる業界だから、1年後 2年後も継続できるかというと分からないし、 難しくなることもあります。

私達がやるべきこととは?

今皆さんがやるべきことは、誰も気づいていない儲かり始めたビジネスを探すことです。具体的にどうやって探すかは、シンプルでインターネットを使います。儲かり始めた人、お金を稼ことができ始めた人は、自慢したくなります。なので、Twitterとかで最近これやって儲かり始めたみたいな人を探します。

また、キャバクラに飲みに行き「よくお金を最近使う人は誰か」を聞くんではなくて、「最近変わった仕事の人」来てないと聞きます。お金を使う業種の人は、もうすでに儲かっている人たちなので、変わった人はいないかと聞くことで 儲かり始めた新しい職業を知ることができます。

あとは、インターネットで検索してもいいです。 「初年度年商」と検索して、新しくできた会社の初年度の年商を見ます。それが、そこそこ大きかったりすると、これはチャンスだと。これは儲かり始めた業種なんだなっていうことがわかります。

その儲かり始めた人がいる業種の中でも、ビジネスを始めるには、いくつか条件が限られると思います。例えば、今から発電所を作ろうとしたら何十億何百億もいります。1から起業する人には 無理です。あまりお金がなくても始められる業種って結構あったりします。 そういう業種を狙ってください。これが本当に大事です。

そこで、皆さん一生懸命調べてこのビジネスモデルだったら、そこまでお金も必要なく、儲かり始めた人たちがいる業種なのでまだ参入できるんじゃないかそういうビジネス を見つけます。

すべては競争優位性

自分の人脈とか自分の資格スキルを使って、自分にしかできないような儲かり始めた人がいるような業種でもいいです。 儲かるビジネスを当てるか当てないかはゲームです。ビジネス見つけその業種に参入しました。そこで、考えないといけないのは、ライバルの存在です。儲かり始めた業種の市場は、いわゆる土地だと思ってます。その土地を巡って、戦争をするんです。 自分の会社とあとはライバルの競合の会社、絶対ライバルはいますから、そのライバルの会社とその土地を取り合うのです。それを市場のマーケットの支配率というふうに考えています。

例えば100億円の市場規模がある ビジネスモデルをやりました。仮にこの市場のうち1%でも取れたら、売上1億円取れます。10%取れたら10億円になります。そういう風 に何%ぐらいのシェアをあれば、成長できるというのを思いながらやっていくんですが、市場という土地を市場競争をして奪えます。どうやってその競争に勝っていくかなんですが、すべては競争優位性なんです。

競争優位性をいかに担保する、ライバルの会社と比較された時に、

  • 値段が安い(あまりお勧めしない)
  • 品物が良い
  • サービスが良い
  • ウェブサイトのコンバージョンレートが良い

などなんでも良いが、ライバルの会社との比較になります。ライバルの会社がしょぼいと自分の会社がちょっとすごいだけで勝てます。 逆にライバルが強かったら勝てません。だから儲かり始めた業種がいいと言ってます。

儲かり始めた業態は、できたばかりの業態・ビジネスモデルの可能性が高いので、ライバルが弱いです。なので、そういう状態が間違いなくチャンスがあります。ライバルと比較された時に、競争優勢あの会社はこれがないけどうちの会社の商品は、これがある。うちの会社のサービスは、これがあるあの会社は、例えばホームページがないけどうちの会社ホームページある。あの会社はインスタグラムやってないけど、うちの会社インスタグをやっているなど、とにかくライバルと比較した時に全ての項目においてライバルの会社に勝っていれば市場競争に勝てます。

金融について

次に、皆さん考えてほしいのは金融です。金融の知識+実業を組み合わせることが最強のお金持ちになる方法です。

皆さん事業を立ち上げる時はもちろん株式会社を作るため、株主になるはずです。よく外部から出資を入れたりするんですが、あまりお勧めしません。もちろんそのノウハウがあったり資金を出してくれるって事であれば 外部から資金を入れてもいいんですが、 基本的に独立でやる場合は外部の出資は入れない方がいいです。

会社を売却する

会社は 売ることができます。よくM&Aで会社を売却しましたとかいう話聞きますよね。これが一番お金持ちになれる方法なんです。ちなみに、キャピタルで株を売る方法は2つあります。 1つ目は上場です。上場すると株式公開されるので、自分の株を マーケットで市場で換金できます。しかし、時間もかかるし、やることも多いため、これはお勧めしないです。上場貧乏になる人も出てきます。

2つ目はM&Aになります。色んな会社がM&Aのマッチングをしてるようなサービスをしている会社があります。そこに会社売りたいというお願いをしたら 会社の買い手を探してくれるなので、結構簡単に会社は売れます。会社を売る場合、基本的には 利益×何倍かになります。この何倍かっていうのが、ビジネスモデルのトレンドや日経平均に左右されますが、平均で大体 8倍って言われてます。(業種によって は10倍で売れる時もあるし5倍でしかれないときなどますまちまちです。)

皆さんが1億円手元にまず残したいなと思ったら どういう会社を作ればいいかというと大体1250万円年間で利益を出せば、その会社の時価総額は1億円付きます。なので1億円で売りたいとお願いをしたら、売れちゃいます。これが一番儲かる方法です。皆さん一生懸命頑張って、例えば、年間利益1億円出たら8億円で売れます。年間利益10億円なんて言ったら80億円になります。

年間1250万円、月に100万円弱の利益を出すビジネスは、別にそんなに難しくないです。会社で利益出すって相当難しい人もいるかもしれないですけどそれは努力不足です。 競争優勢を意識して儲かり始めて業態をやれば普通に100万以上利益が出ます。

青汁王子の稼ぎ方

ちなみに、青汁王子がお金持っているのはいろんな会社に投資をしています。そして、SNSはYouTubeで発信をして優秀な経営者の卵を採用しています。その人たちにお金を出して、株主として事業を任しています。いろんな会社の株主になって、事業を成長させてキャピタルゲインを得ています。そのため、その会社から給料をもらったり役員報酬をもらったりはしていません。最後のキャピタルゲインでお金を稼いでいます。なんでかというと一撃が大きいです。少なくとも数億円は何十億円とお金になるので、お金を稼いだお金をさらに投資をすると好循環になります。

では、集めた社長たちに何をモチベーションにやってもらうかっていうと、儲かりそうな事業を教えます。株主でやるため、そこの会社が売れた時にストックオプションをあげる契約をして、10億円で売れたらそのうちの何%かをその社長に渡す契約をしているので、社長と一緒になってビジョンを目指しながらやっていける仕組みになっています。

社長たちには、最初全部のリスクを取りお金を出す事業資金も出す。ビジネスモデルも全部教える。一生懸命社長として頑張ってもらい、会社を売却しましょう。一緒に夢に向けて動きましょう。そして、売却をした時に ストックオプションをもらえるからそのお金で、学んだことをもう1回自分が100%株主でやれば良いのではないかと言っています。

お金持ちになるのは大変とかわかんないこと言うんですが、簡単なんです。愚直に一生懸命努力をして実践すれば、少なくとも数億円程度のお金は誰でも手に入ります。

なお、株の譲渡益要は株を売ったお金の税金20%しかかかりません。金融所得課税は20%です。例えば10億円の会社だったら2億円だけ税金を払えば 8億円残ります。これが役員報酬とか 給料で取ったら50%以上持ってかれます。つまり、その株の売買による税金だけは、恵まれてます。なので、お金を残すには株が簡単です。

お金持ちになったらすべき事

お金持ちになった後に何をすべきかということを伝えていきます。あの皆さんの周りで偉そうにしているお金持ちの人がいるかもしれません。偉そうにしてるお金持ちにまず言いたいのは他にお金もちはいっぱいるので、そんなに偉そうにするほどあんまり偉くないです。

今の時代は、お金持ちだけじゃダメなんです。かっこいいお金持ちかっこいい経営者になった方がバリュースって上がります。 かっこいい経営者が、経営者の価値を上がり経営者が社会的に評価される。そんな職業にしたいんです。 大体多くのお金持ちは、見た目を気にしないでお金の力 だけで物事動かそうとします。

お金持ちはキャバクラに行くのではなく、美容クリニックに行ってください。今美容医療っていうのはすごく進歩しています。なので、お金をかければ整形じゃなくても、イケメンでありかっこいい男性になれます。キャバクラで金使ってる場合じゃないんです。まず、ビュークリニックで金使わないとじゃないと効率が悪いと思いますね。

不細工な 状態でキャバクラ行って口説いても、裏で女の子に悪口言われるだけです。かっこいい少なくとも清潔感が ある状態で女性に接した方が同じお金を使うにしてもモテます。なので、美容クリニックに行ってください。

青汁王子自身は整形はしていません。やってることは「アートメイク 」です。医療用の刺青を入れてます。何でいい かというと小顔で若く見られます。また、1年に1回、リフトアップと言って糸を入れます。糸を入れてたるまない顔にしています。これも、1年に1回行くだけで簡単にできます。さらに、ボトックスというのを売ってます。ボトックスはエラとかにうつんですけど、エラの筋肉を弱めます。顔が小さくなります。月 に1回ダーマペンという治療、3ヶ月に1回ハイフルハイフを打って 肌を引き締めます。筋肉に効き顔を引き締めます。

そしてさらにピーリングです。肌を綺麗にするピーリングをやります。エクソソームという幹細胞治療の最新最先端の注射を打ってます。これを打つと元気になります。 老化しないです。だから、歳の割には若いって言われます。アンチエイジングをやりまくって ます。

AGAのハゲ薬も飲んでます。ハゲ てるわけではないですが、 髪の毛量が多い方が健康的で若く見えます。あえてハゲてないんですけど AGAの薬を飲んでます。

年間にビュークリニックに数百万円ぐらいを使ってます。昔よりかっこいいねって言われるようになりました。 綺麗だねと言われるようになりました。それは、整形ではなくて、肌も含めて綺麗になってます。

つまり、皆さんイケメンになれるし、かっこよくなれる。お金で買えます。今はそういう時代なのです。 キャバクラに行き、女の子にお金つぎ込んで暇があったらまず美容クリニックのお金使った方が人生がより豊かになります。

さらに服も重要ですね。服を買いに行く時間や選ぶセンス、トレンドについていく時間がもったいないのでスタイリストさんを雇ってます。 スタイリストさんに服を買ってきてもらいコーディネートも組んでもらいます。スタイリストさんがこういう風にコーディネートをして紙を置いてってくれます。実業家は、忙しいので、全部自分でやる必要はありません。 アウトソーシングをしながらお金も稼ぎつつ、自分もかっこよくいる 若くいるって事がテーマだと思っています。

プロセスを踏んでいけば誰でもイケメンとは言わなくても、清潔感のある素敵な男性になることは、できるんです。だから、まず、金持ちを諦めないでほしい。あのお金持ちでかっこいい 清潔感があるそれだけで女性に困ることはありません。それだけじゃダメなんです。一緒に1回の人生です。最強の経営者はお金をいくら稼いでるか、それがステータスになるのはある程度の段階で 終わります。数億円以上、10億円もあればですねあんまり生活は変わらなくなります。だいたいのお金持ちが人生つまんないみたいになっていくんですが、 お金持ちでかっこいいプラス何かが必要です。

お金持ちに必要なもの

今の時代では、発信です。今個人の時代です。だから、まず発信力なんです。金持ちは発信力を得ることができない、そこを努力しないから有名人を連れて、あの人と知り合い方とかあの人と仲良く友達だとみたいなことやるんです。 自分自身が有名になって、尊敬される存在の方が良くないですか。その方が楽しいしやりがいあると思います。そういう人を増やしたいです。なぜかというと 経営者のバリューが 上がるからです。経営者という職業自体が底上げできれば嬉しいと思っています。

皆さん、発信力をつけてください。発信力といってもYouTubeがっつりやって100万人までは行かなくてもいいです。 業界で知ってる人がいるそれだけでも人生 変わります。名刺を渡す必要がなくなります。そして、いろんな人と会えるようになります。皆さん何が言いたいかっていうと YouTube tiktok何でもいいんですが、まずSNSやってみましょう。

有名になるとメリットはありますが、その過程は大変です。つまづいて失敗する人もいますが、 稼いだお金でYouTubeの会社作ればいいんです。 YouTubeの会社で編集マンとかを雇用、撮影は雇用してチームでやるを普通の YouTuberは自分で一人であったりは友達をやったりしますが、経営者は雇用すればいいです。

YouTubeの会社作ることでYouTuberになれます。 YouTubeのマーケットで登録者を獲得して再生数を伸ばす。それも競争優位性があるかないかが大事です。 YouTubeで成功してYouTube だけで食っていきたいと命を削ってるYouTuberさんたちに勝つのは大抵の努力ではできないです。競争優位性を担保するために、YouTubeの会社をお金を使って作りました。チームでやってる会社だから、編集もクオリティ 高くできます。

YouTubeをやりながら、実業もやると1つのことを極めろと言われますが、今の時代はマルチにやった方がいいです。2 つあるのが大変ですが、飲みに行ったりとかが遊んでる時間に、時間を有効に活用すればできます。

実業家でありながら、実業家×インフルエンサーが僕は現代における最強の経営者だと思います。お金の力でかっこよくなれます。そして 発信力つけていって、経営者はかっこいいことを示していきましょう。

あわせて読みたい
【青汁コンサル】月200万円 ガチで稼げる?アドアフィリエイト ビジネス系の有名YouTuberの青汁王子こと三崎優太さんがアフィリエイトでの稼ぎ方をYouTubeで紹介していました。何か副業を始めたい、ガチで稼ぎたいという人には、ため...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次