「アジャイル開発」「ITガバナンスの定義」の解説

2022年9月10日

アジャイル開発とは?

「アジャイル開発」とは、システムやソフトウェア開発におけるプロジェクト開発手法の一つであり、小単位で実装とテストを繰り返し、開発を進める手法です。一般的に、従来の開発手法(ウォーターフォール)に比べ、開発期間が短縮されると言われています。

「アジャイル開発」に関する詳細解説、関連問題に関しては、下記リンク先も参照下さい。


アジャイル開発に関する問題

◆確認問題

アジャイル開発において,短い間隔による開発工程の反復や,その開発サイクルを表す用語として,最も適切なものはどれか。
 ア.  イテレーション
 イ.  スクラム
  ウ. プロトタイピング
  エ.  ペアプログラミング

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問52

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:正解です。「イテレーション」は、アジャイル開発における開発サイクルを意味します。
  • イ:「スクラム」は、最も普及しているアジャイル開発のフレームワークです。
  • ウ:「プロトタイピング」は、システム開発の早い段階で試作品をつくり、利用者にそのイメージを理解させ、承認を得て開発を進めていく開発モデルです。
  • エ:「ペアプログラミング」は、2人1組で実装を行い、1人が実際のコードをコンピュータに打ち込み、もう1人はそれをチェックする役割を随時交代しながら作業を進めることです。