MENU

「サーバ仮想化」の解説 〜 ITパスポート R4年 問99 〜

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

サーバ仮想化とは?

「サーバ仮想化」とは、1台のサーバ(物理サーバ)を複数台の仮想サーバに分割して、利用する仕組みのことです。それぞれの仮想サーバで、OSやアプリケーションを実行でき、あたかも独立したコンピュータのように使用ができます。

created by Rinker
¥2,420 (2024/04/21 08:54:07時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
「TPM」「サーバ仮想化」の解説 【TPMとは?】 「TPM」とは、「Trusted Platform Module」 の略であり、PCにおいてセキュリティに関する各種機能(暗号化/復号や鍵ペアの生成、 ハッシュ値の計算、デ...

サーバ仮想化に関する問題(令和4年問99)

1台の物理的なコンピュータ上で,複数の仮想サーバを同時に動作させることによって得られる効果に関する記述a~cのうち,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

 a.  仮想サーバ上で,それぞれ異なるバージョンのOSを動作させることができ,物理的なコンピュータのリソースを有効活用できる。

b.  仮想サーバの数だけ,物理的なコンピュータを増やしたときと同じ処理能力を得られる。

 c.  物理的なコンピュータがもつHDDの容量と同じ容量のデータを,全ての仮想サーバで同時に記録できる。

ア.   a     イ.   a, c   ウ.   b    エ.   c

出典:令和4年度  ITパスポート試験公開問題 問99

  

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.   a  

不正解です。

イ.   a, c  

不正解です。

ウ.   b 

正解です。

エ.   c

不正解です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次