MENU

「RPA」「SDGs」の解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

RPAとは?

「RPA」とは、「Robotic Process Automation」の略であり、ホワイトカラー(事務系職種の一般職(企業の管理、企画業務)など)が担っている事務作業(主に、定型作業)を、自動化(パソコンの中のソフトウェア型ロボットが対応)する仕組みのことです。近年、話題の「働き方改革」、「生産性向上」、「人で不足解消」に役立つとも言われています。

created by Rinker
¥1,419 (2024/04/20 12:09:43時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
「貸借対照表」「RPA(Robotic Process Automation)」の解説 【貸借対照表とは?】 「貸借対照表(B/S:バランスシート)」とは、企業などの決算日において、会社に帰属している「資産」(現金預金・有価証券・土地・建物など)と...

RPAに関する問題(令和元年問33)

◆確認問題

RPA(Robotic Process Automation)の事例として,最も適切なものはどれか。
 ア.  高度で非定型な判断だけを人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,求人サイトにエントリーされたデータから採用候補者を選定する。
 イ.  人間の形をしたロボットが,銀行の窓口での接客など非定型な業務を自動で行う。
    ウ.  ルール化された定型的な操作を人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,インターネットで受け付けた注文データを配送システムに転記する。
    エ.  ロボットが,工場の製造現場で組立てなどの定型的な作業を人間の代わりに自動で行う。

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問33

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.  高度で非定型な判断だけを人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,求人サイトにエントリーされたデータから採用候補者を選定する。

不正解です。

イ.  人間の形をしたロボットが,銀行の窓口での接客など非定型な業務を自動で行う。

不正解です。

ウ.  ルール化された定型的な操作を人間の代わりに自動で行うソフトウェアが,インターネットで受け付けた注文データを配送システムに転記する。

正解です。

エ.  ロボットが,工場の製造現場で組立てなどの定型的な作業を人間の代わりに自動で行う。

不正解です。

SDGsとは?

「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略であり、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択され、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の 国際目標のことです。

created by Rinker
¥1,164 (2024/04/20 12:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

ここで、17の目標について紹介していきます。

  1. 貧困をなくそう(No poverty):あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
  2. 飢餓をゼロに(Zero hunger):飢餓に終止符を打地、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成すると共に、持続可能な農業を推進する
  3. すべての人に健康と福祉を(Good health and well-being):あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
  4. 質の高い教育をみんなに(Quality education):すべての人に包摂的かつ、公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進しする
  5. ジェンダー平等を表現しよう(Gender equality):ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
  6. 安全な水とトイレを世界中に(Clean water and sanitation):すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに(Affordable and clean energy):すべての人々に手頃で信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
  8. 働きがきいも経済成長も(Decent work and economy growth):すベての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう(industry innovation and infrastructure):強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進すると共に、技術革新の拡大を図る
  10. 人や国の不平等をなくそう(Reduced inequalities):国内および国家間の格差を是正する
  11. 住み続けられるまちづくりを(Sustainable cities and communities):都市と人間の住居地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
  12. つくる責任つかう責任(Responsible consumption and production):持続可能な消費と生産のパターンを確保する
  13. 気候変動に具体的な対策を(Climate action):気候変動とその影響に立ち向かうために、緊急対策をとる
  14. 海の豊かさを守ろう(Life below water):海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
  15. 陸の豊かさを守ろう(Life on land):陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、並びに生物多様性損失の阻止を図る
  16. 平和と公平をすべての人に(Peace justice and strong institutions):持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供すると共に、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
  17. パートナーシップで目標を達成しよう(Partnerships for the goals):持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

SDGsに関する問題(令和元年問34)

◆確認問題

持続可能な世界を実現するために国連が採択した,2030年までに達成されるべき開発目標を示す言葉として,最も適切なものはどれか。
 ア.  SDGs   イ.  SDK   ウ. SGA    エ. SGML

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問35

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.  SDGs        

正解です。

イ.  SDK

不正解です。

ウ. SGA

不正解です。

エ. SGML

不正解です。

SDGs

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次