MENU

「デジタルトランスフォーメーション」の解説 〜 ITパスポート R5年 問11 〜

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

デジタルトランスフォーメーション」とは?

「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」とは、組織やビジネスの仕組みをデジタル技術を活用して変革するプロセスのことです。デジタルトランスフォーメーションは、業務の効率性を高め、顧客体験を向上させ、競争力を強化することを目指します。

デジタルトランスフォーメーションでは、具体的には、従来のアナログ的な手法やプロセスをデジタル化することで、デジタルツールやテクノロジーを活用します。例として、クラウドコンピューティングやビッグデータの活用、インターネット・オブ・シングス(IoT)の導入、人工知能(AI)や自動化技術の利用などが含まれます。

デジタルトランスフォーメーションの目的は、主に以下の利点をもたらすことができます。

  1. 効率性の向上:デジタル化により、業務プロセスの自動化や効率化が可能になります。よって、作業時間・コストの削減や生産性の向上が実現されます。
  2. 顧客体験の向上:デジタル技術を活用することで、顧客と関係を強化することで、より便利でパーソナライズされたサービスを提供できます。顧客のニーズに合わせたサービス提供が可能になります。
  3. イノベーションの促進:デジタルトランスフォーメーションは新たなビジネスモデルやサービスの創造を促進します。デジタル技術の活用により、市場の変化や顧客の要求に迅速に対応できる柔軟性や革新性を持った企業が競争上の優位性を獲得できます。

なお、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とデジタライゼーション(Digitization)は、似ているようで異なる概念になります。

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)では、組織やビジネスの全体的な変革を指す概念のことです。デジタルトランスフォーメーションでは、デジタル技術を活用することで、従来のプロセスを再考し、効率性や顧客体験を向上させ、競争力を強化します。例として、ビッグデータ分析、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、自動化(RPA)などのデジタル技術の活用が含まれます。デジタルトランスフォーメーションは、組織全体の文化や戦略、プロセス、スキルセットの変革を伴う継続的な取り組みになります。

一方、デジタライゼーション(Digitization)では、アナログの情報やプロセスをデジタル形式に変換することを指します。つまり、物理的なドキュメントや記録を電子化し、デジタルデータとして取り扱うことを意味します。一方、デジタライゼーションは、情報の保存やアクセスの効率化を目的として行われることが多く、単一タスクの範囲内で行われることが一般的になります。デジタライゼーションでは、デジタルトランスフォーメーションの一部として捉えることができますが、デジタルトランスフォーメーションは、より包括的かつ戦略的なアプローチになります。


デジタルトランスフォーメーション に関する問題(令和5年問11)

IoTやAIといったITを活用し,戦略的にビジネスモデルの刷新や新たな付加価値を生み出していくことなどを示す言葉として,最も適切なものはどれか。

ア.  デジタルサイネージ    イ.  デジタルディバイド    ウ.  デジタルトランスフォーメーション    エ.  デジタルネイティブ

出典:令和5年度 ITパスポート試験公開問題 問11

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.  デジタルサイネージ 

不正解です。

イ.  デジタルディバイド

不正解です。

ウ.  デジタルトランスフォーメーション

正解です。

エ.  デジタルネイティブ

不正解です。

デジタルトランスフォーメーション

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次