MENU

「リーンスタートアップ」の解説 〜 ITパスポート R5年 問1 〜

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

「リーンスタートアップ」とは?

「リーンスタートアップ(Lean Startup)」とは、エリック・リースによって、提唱されたスタートアップのビジネス手法やアプローチのことを指します。リーンスタートアップでは、従来のビジネスモデルやプロダクト開発手法に比べて、より効率的かつ、効果的な方法で新しい製品やサービスを開発し、市場に投入するための手法を提唱しています。

リーンスタートアップの特徴は、ビジネスモデルやプロダクトの開発を進める際に、顧客の反応や市場のフィードバックを重視する点になります。リーンスタートアップでは、まず、顧客のニーズや要望を理解し、それに基づいてプロダクトを最小限の機能を持つ形で早期にリリースします。そして、市場の反応を観察しながら、継続的に改善を行っていくサイクルを繰り返していきます。

リーンスタートアップは、以下の3つのステップで構成されています。

  1. ビルド(開発): 最小限の機能を持ったプロダクトやサービスを開発します。これをMVP(Minimum Viable Product)と呼びます。MVPは、市場に早期にリリースできる最小の機能を持つものであり、顧客の反応を確認することを目的とします。従来の製品開発手法に比べて素早く、効率的に開発を進めていきます。
  2. メジャー(計測): リリースしたMVPの市場の反応を計測し、顧客のフィードバックを収集します。顧客のニーズや要望を理解し、製品やサービスを改善するための情報収集をします。データや顧客のフィードバックを活用して、市場の反応を客観的に評価します。
  3. ラーン(学習): 収集したデータや顧客のフィードバックをもとに、プロダクトやサービスを改善します。改善を重ねながら、市場のニーズや顧客の要望に合わせて製品を進化させます。このサイクルを繰り返しながら、持続的な改善を行います。

リーンスタートアップは、市場のニーズや顧客の要望を重視し、効率的なプロダクト開発を実現するために、継続的な改善を重視する手法です。早期に市場のフィードバックを収集し、それに基づいて製品を改善することで、市場の需要に合ったプロダクトを開発し、競争力を持ったビジネスを構築することを目指します。


リーンスタートアップに関する問題(令和5年問1)

新しいビジネスモデルや製品を開発する際に,仮説に基づいて実用に向けた最小限のサービスや製品を作り,短期に顧客価値の検証を繰り返すことによって,新規事業などを成功させる可能性を高める手法を示す用語はどれか。

ア.  カニバリゼーション    

イ.  業務モデリング    

ウ.  デジタルトランスフォーメーション    

エ.  リーンスタートアップ

出典:令和5年度 ITパスポート試験公開問題 問1

 正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.  カニバリゼーション 

不正解です。

イ.  業務モデリング 

不正解です。

ウ.  デジタルトランスフォーメーション

不正解です。

エ.  リーンスタートアップ

正解です。

リーンスタートアップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次