「企画プロセス」「イノベーション」の解説

2021年9月3日

企画プロセスとは?

「企画プロセス」とは、 新規取得・開発するシステム構想を立案し、システム化を行う計画を得るプロセスのことです。経営戦略や情報システム戦略に基づき対象業務を分析し、システム化の範囲、システム化後の業務形態・概算コスト・投資効果・プロジェクト計画等システム化の全体像を明確化します。

企画プロセスを構成する目的として、以下の2点が挙げられます。

  • システム化構想の立案プロセス:経営上のニーズ・課題を解決するため、現状の経営環境を踏まえて、新規業務の全体像とそれを実現するための「システム化構想」・「推進体制」を立案することが目的のプロセスです。
  • システム化計画の立案プロセス:システム化構想を具現化するため、運用や効果等の実現性を考慮し、「システム化計画」・「プロジェクト計画」を具体化し、利害関係者の合意を得ることが目的のプロセスです。

企画プロセスに関する問題

◆確認問題

ソフトウェア開発に関するプロセスを,企画プロセス,要件定義プロセス,プロジェクト計画プロセス,システム開発プロセス,ソフトウェア実装プロセスに分ける。現行業務における問題を分析し,新しく導入するシステムによって問題を改善する業務や新規の業務を明確にして,システム化後の業務の全体像を作成するプロセスとして,適切なものはどれか。
 ア. 企画
    イ. 要件定義
    ウ. プロジェクト計画
    エ.  システム開発

出典:平成30年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問28

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・「共通フレーム2013」によると、企画プロセス内のシステム化構想の立案プロセスのタスクとして、「システム化対象の業務の明確化」と「業務の新全体像の作成」が定義されています。よって、(ア)の「企画」が正解になります。

イノベーションとは?

「イノベーション」とは、 経済や社会に影響するほどの変革によって「革新」を起こす事を指し、 新たなものを想像し、変革を起こすことで経済や社会に価値を生み出すことです。

「イノベーション」に関する詳細解説、関連問題に関しては、下記リンク先も参照下さい。

イノベーションに関する問題

◆確認問題

画期的なビジネスモデルの創出や技術革新などの意味で用いられることがある用語として,最も適切なものはどれか。
 ア. イノベーション
    イ. マイグレーション
    ウ. リアルオプション
    エ. レボリューション

出典:平成30年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問29

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア(イノベーション):正解です。「イノベーション(Innovation)」とは、 経済や社会に影響するほどの変革によって「革新」を起こす事を指し、 新たなものを想像し、変革を起こすことで経済や社会に価値を生み出すことです。
  • イ(マイグレーション):「マイグレーション(Migration)」とは、プログラムやデータを、新たな別のコンピュータシステムやOS環境に移行することです。
  • ウ(リアルオプション):「リアルオプション(Real Option)」とは、金融工学の「価格決定理論(オプション)」の考え方を応用し、事業の将来性の評価を行う手法のことです。
  • エ(レボリューション):「レボリューション(Revolution)」とは、社会構造を大きく変える「革命」や「大変革」という意味で使われる言葉です。