「請負契約」「AI導入前後の短縮時間(計算問題)」の解説

請負契約とは?

「請負契約」とは、受注者が納期までに、発注者から依頼された仕事を完成させ、完成したものを発注者へ引き渡す契約のことです。(仕事の結果に対して責任が求められます。)民法632場などで定められています。

請負契約に関する問題

情報システム開発の詳細設計が終了し,プログラミングを外部のベンダに委託することにした。仕様,成果物及び作業の範囲を明確に定義した上で,プログラミングを委託先に請負契約で発注することにした。発注元のプロジェクトマネージャのマネジメント活動として,最も適切なものはどれか。
 ア. 委託先に定期的な進捗報告を求めるとともに,完成したプログラムの品質を確認する。
    イ. 委託先の作業内容を詳細に確認し,生産性の低い要員の交代を指示する。
    ウ. 委託先の作業場所で,要員の出退勤を管理し,稼働状況を確認する。
    エ. 委託先の要員に余力がある場合,仕様変更に伴うプログラミングの作業を担当者に直接指示する。

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問42

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・解説は、次の通り。

「請負契約」は、請負人(委託先)がある仕事を完成することを約束し、注文者がその仕事の成果物に対してその報酬を支払うことが内容の契約になります。請負業者は、委託元に対して納期までに成果物を納入すればよく、その過程や手段については、請負業者に一任されてます。委託元企業は、進捗・品質の監査などは行えますが、請負業者の従業員に直接指示を出し作業させることはできません。

よって、請負業者の仕事の進め方に直接関与する「イ」「ウ」「エ」は、請負契約のルールに違反し、偽装請負とみなされます。

委託元のプロジェクトマネージャは、この契約関係を認識し、委託先へは進捗や品質管理状況の報告を求めるなどの監督や監視を行うに留めなくてはなりません。

AI導入前後の短縮時間(計算問題)に関する問題

あるコールセンタでは,顧客からの電話による問合せに対応するオペレータを支援するシステムとして,顧客とオペレータの会話の音声を認識し,顧客の問合せに対する回答の候補をオペレータのPCの画面に表示するAIを導入した。1日の対応件数は1,000件であり,問合せ内容によって二つのグループA,Bに分けた。AI導入前後の各グループの対応件数,対応時間が表のとおりであるとき,AI導入後に,1日分の1,000件に対応する時間は何%短縮できたか。
 ア.  15
    イ.  16
    ウ.  20
    エ.  24

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問43

◆確認問題の解答(エ)、解説・・・解説は、次の通り。

AI導入が対応時間短縮につながったのはグループAのみになります。

グループAの対応時間は、コールセンタ全体の80%を占め、そのうち30%が短縮できたため、AI導入前の対応時間全体に対する時間短縮割合は以下で計算することができます。

80%×30%=0.8×0.3=24%