第1回 Rを用いた統計講座(基礎編)〜「統計解析とは?」「Rとは?」〜

本サイトでは、統計解析ソフト「R」を用いた統計解析方法や、「R」の操作方法を初心者でも分かるように、基本から説明していきます。第1回の本ページでは、そもそも「統計解析とは?」「Rとは?」について、説明していきます。

「統計解析」とは、大量のデータを「収集」・「探索」・「分析」し、結果を提示することで、データに含まれる傾向を明らかにする科学のことです。

「統計」は、研究・産業・行政等、身の回りのあらゆる領域で日常的に利用されています。「統計」という科学的な根拠をもとに、重要な意思決定を適切に判断するために利用されています。

なお、近年、「ビッグデータ革命」により、統計解析の価値と影響力は高まってきています。故に、統計(統計学)を学ぶことは、より重要であり、「統計学が最強の学問である」や「統計学は時にセクシーな学問である」とも呼ばれ、以下書籍なども出版されています。

「R」とは、誰でも「無料」で利用できる(オープンソース・フリーソフトウェア)統計ソフトウェアです。一般的な統計ソフトウェアは、数万円~数十万円の費用がかかる場合があります。

「R」とは多様な統計手法が可能です。例えば、次の様な統計手法がもちろん無料で利用できます。「線形モデリ」・「非線形モデル」・「古典的統計検定」・「時系列解析」・「判別分析」・「クラスタリング」…などが利用できます。

また、「R」言語のエンジニアは比較的高年収の求人が出ています。そのため、「R」を勉強する価値が高まっているといえます。

求人検索エンジン「スタンバイ」プログラミング言語別年収ランキング2018(提示年収の中央値ベスト10)の結果は以下の通りです。(参考:https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html

順位言語年収中央値(万円)最大提示年収(万円)求人数(件)
1Go6001,6002,200
2Scala6001,3001,489
3Python575.11,4999,344
4Kotlin5751,200961
5TypeScript5751,200667
6R574.81,000220
7Ruby5501,20011,676
8Swift5501,2003,353
9Perl5251,2004,509
10C5251,0009,347