「サイバーセキュリティ基本法」「情報システムの調達に関する流れ」の解説

サイバーセキュリティ基本法とは?

  「サイバーセキュリティ基本法」とは、サイバーセキュリティに関する施策を総合的かつ効率的に推進するため、基本理念を定め、国の責務等を明確し、サイバーセキュリティ戦略の策定や、その他当該施策の基本事項等を規定する法律になります。

「サイバーセキュリティ基本法」の解説詳細は、以下リンク先にも記載がございます。類似の確認問題も出題しておりますので、是非、参照下さい。

サイバーセキュリティ基本法に関する問題

a~cのうち,サイバーセキュリティ基本法に規定されているものだけを全て挙げたものはどれか。
a. サイバーセキュリティに関して,国や地方公共団体が果たすべき責務
b. サイバーセキュリティに関して,国民が努力すべきこと
c. サイバーセキュリティに関する施策の推進についての基本理念
 ア.  a, b  
    イ.  a, b, c
 ウ.  a, c
 エ.  b, c

出典:令和3年度 春期 ITパスポート試験公開問題 問32

確認問題の解答(イ)、解説・・・`(a,b,c)が、サイバーセキュリティ基本法に規定されているため、正解は(イ)になります。各選択肢(a〜c)の解説は、次の通り。

  • a:正しいです。サイバーセキュリティ基本法により(4条)「国は、基本理念にのっとり、サイバーセキュリティに関する総合的な施策を策定し、及び実施する責務を有する」、(5条)「地方公共団体は、基本理念にのっとり、国との適切な役割分担を踏まえて、サイバーセキュリティに関する自主的な施策を策定し、及び実施する責務を有する」と規定しています。
  • b:正しいです。サイバーセキュリティ基本法により(9条)「国民は、基本理念にのっとり、サイバーセキュリティの重要性に関する関心と理解を深め、サイバーセキュリティの確保に必要な注意を払うよう努めるものとする」としており、サイバーセキュリティの確保についての努力義務が規定しています。
  • c:正しいです。サイバーセキュリティ基本法により(3条)「サイバーセキュリティに対する脅威に対して、国、地方公共団体、重要社会基盤事業者等の多用な主体の連携により対応する」等、6つの基本理念が規定されています。

情報システムの調達に関する流れとは?

「情報システムの調達に関する流れ」を紹介します。次のような流れになります。

  1. 情報提供依頼書(RFI)の作成と配布
  2. ベンダ企業から得られた情報を踏まえ、調達条件を決定
  3. 提案依頼書(RFP)の作成と配布
  4. 選定基準の作成
  5. ベンダ企業からの提案書及び見積書の入手
  6. 提案内容の比較評価
  7. 調達先(調達ベンダ企業)の選定
  8. (調達ベンダ企業との)契約締結

「情報システムの調達に関する流れ」の解説詳細は、以下リンク先にも記載がございます。類似の確認問題も出題しておりますので、是非、参照下さい。

情報システムの調達に関する流れに関する問題

コンピュータシステム開発の外部への発注において,発注金額の確定後に請負契約を締結した。契約後,支払までに発注側と受注側の間で交わされる書類の組合せのうち,適切なものはどれか。ここで,契約内容の変更はないものとする。
 ア.   提案書,納品書,検収書
    イ.   提案書,見積書,請求書
    ウ.   納品書,検収書,請求書
    エ.   見積書,納品書,請求書

出典:令和3年度 春期 ITパスポート試験公開問題 問33

◆確認問題の解答(ウ)、解説・・・解説は、次の通り。

確認問題は、請負契約を締結した後のため、契約締結前に発行される提案書と見積書は対象外になります。

請負契約が成立すると、受注側はシステム完成に向けて作業着手します。その後、受注側は完成したシステムを発注側に納品します。このとき「納品書」が発行されます。発注側は納品されたシステムを検収し、検収でOKが出れば受注側に「検収書」を発行します。検収にてOKを貰った受注側は、システム開発の請負代金を発注側に請求します。このとき「請求書」が発行されます。

以上より、「納品書,検収書,請求書」の組合せが適切となります。