MENU

「JANコード」「QRコード」の解説 〜 ITパスポート R4年 問20 〜

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

JANコード・QRコード とは?

「JANコード」とは、Japanese Article Numberの略であり、「どの事業者の、どの商品か」を表す、世界共通の商品識別コードになります。JANコードは、商品のブランドを持つ事業者が、GS1 JAPAN (財)流通システム開発センターから貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。

通常、バーコードスキャナで読み取れるように、JANシンボルというバーコードシンボルによって商品パッケージに表示されます。なお、JANコードは日本国内での呼び方になります。国際的にはEAN(European Article Number)コード、あるいは、GTIN-13、GTIN-8と呼ばれています。

「QRコード」とは、 縦横に情報を持つマトリックス型の2次元コードのことです。そのため、格納できる情報量が多く、数字、英字、かな、漢字などの多言語データを格納できます。また、「QR」は「Quick Response」の略であり、「QRコード」は高速読み取りを可能としたコードでもあります。

なお、「QRコード」とは、 縦横に情報を持つマトリックス型の2次元コードのことです。そのため、格納できる情報量が多く、数字、英字、かな、漢字などの多言語データを格納できます。また、「QR」は「Quick Response」の略であり、「QRコード」は高速読み取りを可能としたコードでもあります。

created by Rinker
株式会社オーム社
¥2,750 (2024/04/20 16:33:01時点 Amazon調べ-詳細)

JANコードの特徴

「JANコード」には、13桁の数字で構成される標準タイプと、8桁の数字で構成される短縮タイプの2種類があります。短縮タイプは、バーコードを印刷するスペースが限られる小さな商品で用いられます。標準タイプは、GS1事業者コード(10桁、9桁、7桁から事業者が選択する)、商品アイテムコード(2桁、3桁、5桁)、チェックデジット (1桁)で構成されています。短縮タイプは、国コード(2桁)、GS1事業者コード(4桁)、商品アイテムコード(1桁)、チェックデジット (1桁)で構成されています。

「GS1事業者コード」は国と事業者を識別する番号で、日本の場合は「45」または「49」で始まります。「商品アイテムコード」は、サイズ、色、香りなどが違う商品1つひとつに割り当てる番号になります。商品アイテムが少ない事業者は10桁の事業者コードを選択して、商品アイテムコードを2桁にします。商品アイテムコードが不足したら、事業者コードを追加申請することができます。「チェックデジット」は、入力や読み取りの誤りを防ぐために確認番号で、所定の計算式で算出されています。

なお、JANコードを利用するメリットとして、グローバルに機能するデジタル情報であるため、ネット社会やITシステムとの相性が良い点にあります。流通管理、在庫管理、販売管理、小売店のPOSレジなどのあらゆる場面でJANコードが活用され、データの蓄積と有効活用、業務効率のアップ、省力化、ヒューマンエラーの削減などに貢献しています。

QRコードの特長

「QRコード」は、大容量の情報を小さなコードに表現できます。数字・英字・漢字・カナ・記号バイナリ・制御コード等のデータを扱うことが可能です。

また、「QRコード」は、小さなスペースに表示が可能です。QRコードは、縦・横の2方向でデータを表現しているので、バーコードと同じ情報量であれば、10分の1程度の大きさで表示することができます。

「QRコード」は、360°どの方向からでも、高速な読み取りが可能です。QRコードの中の3ヶ所の切り出しシンボルにあり、背景模様の影響を受けない安定した高速読み取りすることができます。

「QRコード」は、汚れ・破損に強いです。QRコードでは、「誤り訂正機能」をもっているので、コードの一部に汚れや破損があってもデータの復元が可能です。

JANコード・QRコードに関する問題(令和4年問20)

あるデータを表現するために,1個のJANコードか1個のQRコードのどちらかの利用を検討する。表現できる最大のデータ量の大きい方を採用する場合,検討結果として,適切なものはどれか。

ア.  JANコードを採用する。

イ.  QRコードを採用する。

ウ.  表現する内容によって最大のデータ量は変化するので決められない。

エ.  表現できる最大のデータ量は同じなので決められない。

令和4年度 ITパスポート試験公開問題 問20

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.  JANコードを採用する。

不正解です。

イ.  QRコードを採用する。

正解です。

ウ.  表現する内容によって最大のデータ量は変化するので決められない。

不正解です。

エ.  表現できる最大のデータ量は同じなので決められない。

不正解です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次