「チャットボット」「DevOps」の解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

チャットボットとは?

「チャットボット」とは、 対話(Chat)とロボット(bot)を組み合わせた言葉であり、テキストや音声で自動的に対話をするプログラムのことです。

あわせて読みたい
「アローダイアグラム」「チャットボット」の解説 【アローダイアグラムとは?】 「アローダイアグラム」とは、 日程計画を表すため、矢線を用いたネットワーク図で、PERT(Program Evaluation and Review)とも呼ばれ、...
あわせて読みたい
「チャットボット」「アジャイル開発」の解説 【チャットボットとは?】 「チャットボット(Chatbot)」とは、「対話(Chat)」と「ロボット(bot)」を組み合わせた言葉であり、テキストや音声で、自動的に対話をす...

チャットボットに関する問題(令和元年問54)

◆確認問題

利用者からの問合せの窓口となるサービスデスクでは,電話や電子メールに加え,自動応答技術を用いてリアルタイムで会話形式のコミュニケーションを行うツールが活用されている。このツールとして,最も適切なものはどれか。
 ア.   FAQ
   イ.  RPA
  ウ.  エスカレーション
   エ.  チャットボット

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問54

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.   FAQ

不正解です。

イ.  RPA

不正解です。

ウ.  エスカレーション

不正解です。

エ.  チャットボット

正解です。

DevOpsとは?

「DevOps」とは、ソフトウェア開発手法の一つであり、開発(Development)と運用 (Operation)を組み合わせた造語で、開発担当者と運用担当者が連携して、協力する開発手法のため、より柔軟かつスピーディーなシステム開発が可能になります。

ここで、「DevOps」フレームワークの例は次の通りです。

  1. Plan:特徴に基づいた継続的な計画
  2. Code:コードの開発とレビュ
  3. Build:継続的インテグレーションとコード管理
  4. Test:テスト自動化
  5. Release:変更管理、リリース承認
  6. Deploy:自動デプロイ
  7. Operat:運用
  8. Monitor:継続モニタリング

DevOpsに関する問題(令和元年問55)

◆確認問題

ソフトウェア開発におけるDevOpsに関する記述として,最も適切なものはどれか。
  ア.  シ開発側が重要な機能のプロトタイプを作成し,顧客とともにその性能を実測して妥当性を評価する。
    イ.  開発側と運用側が密接に連携し,自動化ツールなどを活用して機能などの導入や更新を迅速に進める。
    ウ.  開発側のプロジェクトマネージャが,開発の各工程でその工程の完了を判断した上で次工程に進む方式で,ソフトウェアの開発を行う。
    エ.  利用者のニーズの変化に柔軟に対応するために,開発側がソフトウェアを小さな単位に分割し,固定した期間で繰り返しながら開発する。

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問55

正しいと思う選択肢をクリックしてみてください!!!

ア.  シ開発側が重要な機能のプロトタイプを作成し,顧客とともにその性能を実測して妥当性を評価する。

不正解です。

イ.  開発側と運用側が密接に連携し,自動化ツールなどを活用して機能などの導入や更新を迅速に進める。

正解です。

ウ.  開発側のプロジェクトマネージャが,開発の各工程でその工程の完了を判断した上で次工程に進む方式で,ソフトウェアの開発を行う。

不正解です。

エ.  利用者のニーズの変化に柔軟に対応するために,開発側がソフトウェアを小さな単位に分割し,固定した期間で繰り返しながら開発する。

不正解です。

DevOps

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次