東京都池袋巡り 〜永川神社と熊野神社〜

2020年8月31日

東京都の池袋北付近にある2つの神社「永川神社」と「熊野神社」へ行ってきました。その時の様子を共有させて頂きます。

永川神社とは?

池袋氷川神社は、東京都豊島区池袋本町にある神社になります。「建速須佐之男命」・「高皇産霊神」・「木花咲耶姫命」・「天照大御神」・「保食神他」を祀ります。なお、旧池袋村の鎮守になります。

鎮座した年代は不詳であり、天保元年(1830年)に発行された『新編武蔵風土記稿』の池袋村の項に「氷川社村の鎮守」の記述があり、それ以前の創建であるとみらます。境内には富士塚(浅間神社)があり、周辺の富士講の拠点となっています。社殿は戦時中東京大空襲によって焼失したため、現在の社殿は1965年(昭和40年)の建築になります。

氷川神社のアクセス

氷川神社への(電車での)アクセスについては、以下の通りになります。

  • 東武東上本線 下板橋駅 徒歩約9分
  • 東武東上本線 北池袋駅 徒歩約13分
  • JR埼京線 板橋駅 徒歩約18分

氷川神社の様子

ここで、氷川神社の様子の一部を写真で紹介していきます。

氷川神社の御朱印

熊野神社とは?

熊野神社は、東京都板橋区の神社になります。応永年間(1394年-1428年)に創建され、宇多源氏の庭田家出身の庭田氏兼が関東地方に来訪し、定住先の武蔵国豊島郡中丸村で熊野三山から分霊を勧請して創建したと言われています。

なお、1587年(天正15年)に、氏兼の5代後の子孫の岩田忠経により、現在地に移転しました。中丸村には岩田氏の他に、庄野氏、田中氏、荒井氏の一族が住んでいたが、これらの一族も当社を熊野神社として崇敬することになったと言われています。

熊野神社のアクセス

熊野神社への(電車での)アクセスについては、以下の通りになります。

  • 東武東上線 大山駅 徒歩約10分
  • 東武東上線 北池袋駅 徒歩約13分
  • 東武東上線 下板橋駅 徒歩約13分
  • 都営三田線 板橋区役所前駅 徒歩約15分
  • 東京メトロ有楽町線など 要町駅 徒歩約17分
  • JR山手線など 池袋駅 徒歩約17分

熊野神社の様子

ここで、熊野神社の様子の一部を写真で紹介していきます。

熊野神社の御朱印

皆さんも是非、東京都池袋「永川神社」と「熊野神社」に足を運んで見て下さい!!