1ヶ月で合格 「ニュース時事能力検定2級」 合格体験記

2020年12月13日

本サイトでは、「ニュース時事能力検定2級」の試験の概要と、サイト運用者が1ヶ月で「ニュース時事能力検定2級」に合格した際の勉強方法を記します。

「ニュース時事能力検定2級」とは?

まず、「ニュース時事能力検定2級」試験概要について紹介します。

「ニュース時事能力検定」とは、新聞・テレビ等のニュース報道を正しく理解し、時事力を養成することを目的とした資格になります。なお、「時事力」とは現代社会の問題を多面的・多角的に捉え、そのとき発生している課題に対し、適切な対策を取ることのできる能力になります。

ニュース時事能力検定2級は、高校生、大学生、一般向けの試験であり、新聞やテレビの主要なニュースを、背景も含めておおむね理解し、生かせることが求められます。

ニュース時事能力検定2級は、公開会場試験(マークシート形式)だけでなく、CBT試験(コンピューター形式)でも受験することが出来ます。詳しくは、こちらを参照ください。

ニュース時事能力検定2級受験のきっかけ(目的)は?

私が、「ニュース時事能力検定2級」を受験したきっかけは、学生時代、将来就職も見据えた上で、ニュースを読み解く力、時事力を身に付けたい、証明したいと思い受験をしました。

ニュース時事能力検定2級の合格までの勉強方法は?

私は、大学に入学するまで新聞、テレビなどでニュースを意識的に聞いたり、自分なりの考えを持つことはしてきましたが、ニュース検定の勉強は特にしてきませんでした。

そこで、ニュース検定を受験するにあたり、まず、ニュース検定公式テキスト、公式問題集を用いて勉強し、理解に努めました。(公式テキスト、問題集を理解して解けるようになれば、十分合格水準に達することができると思います。)

また、最新のニュースを収集するために、ネットニュース(Yahooニュース、スマートニュース)や、テレビを利用しました。ニュースをただ見るだけではなく、社会問題(課題)の理由を調べ、自分なりに理解し、意見を持つようにしました。

ニュース時事能力検定2級を受けての感想

私は結果として、上記学習することで約1ヶ月でニュース時事能力検定2級を合格することができました。ニュース時事能力検定2級は、日頃からニュースを見ている人にとっては、少し公式テキストで勉強すれば合格できる比較的簡単な試験だと思います。(ニュースを見ていない人にとっては、少し難しい試験かもしれませんが、本試験を受験することをきっかけにニュースを見る習慣が付けられば、ニュース時事能力検定2級も合格できますし、今後の社会生活を送る上で良い習慣になるかと思います。)

ニュース時事能力は、現代社会を生活する上で、誰にとっても必要な知識です。そのため、ニュース時事能力検定2級は、非常に意義のある試験だと思います。皆さんも、是非、ニュース時事能力検定2級を受験して見てください。