ITパスポート 合格体験記

2020年12月13日

本サイトでは、「ITパスポート」試験の概要と、サイト運用者が「ITパスポート」合格した際の勉強方法を記します。

まず、「ITパスポート」試験について紹介します。

「ITパスポート」試験とは、ITを利活用している全ての社会人や、今後社会人となる学生が備えるべき「ITに関する基礎的な知識を有していること」を証明できる国家試験になります。

また、「ITパスポート」試験についての試験概要、試験の合格基準については、以下リンク先で紹介しています。是非、参照下さい。

ITパスポート試験の合格には、情報処理の知識がほとんどない初心者の場合、約180時間程度の勉強時間が必要と言われています。 1日2時間の勉強時間として計算すると3ヶ月程度で合格することができます。(「ITパスポート」は情報処理の入門的な試験になりますので、情報処理の基本知識がある場合は、2週間〜1ヶ月程度勉強すれば、合格できると思います。)

ここで、私の「ITパスポート」試験に合格した際の勉強方法を紹介します。

私の場合は、理工系の大学であったため(大学で一定程度学んでいたため)、基本的な情報処理の知識がありました。そのため、「ITパスポート」試験としての内容の多くは既知のものであったため、「ITパスポート」試験としての勉強はほとんどせず、合格することができました。

上記には、「ITパスポート」試験としての勉強はほとんどしていないと記載しましたが、「ITパスポート」試験の過去問題を(約3回分)解き合格しました。「ITパスポート」試験の出題傾向を掴み、問題に慣れることが目的になります。

情報処理技術の知識がない方にとっては、「ITパスポート」試験は、しっかり勉強しないと合格することはできません。一方、情報処理技術の知識がある方にとっては、「ITパスポート」試験は比較的簡単な試験になりますが、油断すると合格できない場合もあるかと思います。

「ITパスポート」試験合格に向けては、原則、独学で、過去問演習(誤った問題は、解説を読み込み)を行うだけで合格できると思います。(情報処理技術の知識がない方も、過去問演習を理解できるまで複数回実施することで、「ITパスポート」試験に合格できると思います。)

下記リンク先は、「ITパスポート」試験の学習サイトとなります。(「ITパスポート」試験の過去問・過去問の解説が記載しているサイトになります。)是非、学習に活かしてみて下さい。