「GPU」「バイオメトリクス認証」の解説

GPUとは?

「GPU」とは、「Graphics Processing Unit (画像処理装置)」の略であり、コンピュータに搭載される半導体チップの一種で、画面表示や画像処理に特化した演算装置のことです。3次元グラフィックス描画や動画の圧縮・展開などに、必要な演算を高速化する並行処理に優れた構造のものです。

「GPU」に関連する解説、関連問題に関しては、以下のリンク先を参照ください。

GPUに関する問題

PCやスマートフォンなどの表示画面の画像処理用のチップとして用いられているほか,AIにおける膨大な計算処理にも利用されているものはどれか。
   ア.  AR
   イ.  DVI
   ウ.  GPU
   エ.  MPEG

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問65

◆確認問題の解答(ウ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り

  • ア(AR):「AR」とは、「Augmented Reality(拡張現実)」の略であり、現実世界の情報にディジタル合成などで作られた情報を重ね、人間から見た現実世界を拡張する技術のことです。
  • イ(DVI):「DVI」とは、「Digital Visual Interface」の略であり、コンピュータとディスプレイを接続するインタフェース規格になります。
  • ウ(GPU):正解です。「GPU」とは、「Graphics Processing Unit (画像処理装置)」の略であり、リアルタイムの画像処理に特化したプロセッサになります。
  • エ(MPEG):「MPEG」とは、「Moving Picture Experts Group」の略であり、動画の圧縮符号化に関する規格になります。

バイオメトリクス認証とは?

「バイオメトリクス認証」とは、生体認証とも呼ばれ、人間の身体的特徴(指紋、虹彩等)、行動的特徴(筆跡、まばたき等)の情報を用いて行う、個人認証の技術のことです。

「バイオメトリクス認証」に関連する解説、関連問題に関しては、以下のリンク先を参照ください。

バイオメトリクス認証に関する問題

バイオメトリクス認証で利用する身体的特徴に関する次の記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。
バイオメトリクス認証における本人の身体的特徴としては,(   a   )が難しく,(   b   )が小さいものが優れている。

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問66

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・a : 偽造、b: 経年劣化 解説は、次の通り

【 a について】
不正認証を防ぐためには、偽造が困難な特徴を用いる必要があります。一般的に、指紋認証や顔認証は「偽造」に弱いと言われています。判別が困難だと、本人を他人と識別して拒絶してしまうリスクや、他人を本人を識別してしまうリスクが高まるため、他人と本人の判別が明確にできる特徴が優れていると言えます。

【 b について】
身体的特徴でも「経年劣化」しやすいもの、しにくいものがあります。顔や声は、経年により変化しやすいが、虹彩や静脈は変化がありません。個人差が小さい特徴は、誤認証のリスクが高くなるため、適していません。