「ABC分析」「システム開発プロセス」の解説

ABC分析とは?

「ABC分析」とは、重点分析とも呼ばれ、多くの指標の中から重視するポイントを決め、優先度を決めて分類し、管理する方法になります。 例として、売上高、販売個数、売上利益などを重要度順に並べて、管理対象の優先度を選定する場合にABC分析を利用できます。

ABC分析の起点は、イタリアの経営学者ヴィルフレド・パレートが提唱した「80:20の法則(パレートの法則)」だと言われていいます。企業の売上は、その大体が8:2の割合で特定の商品に占められていると考えられ、より売上比率の高い商品のマーケティングに注力することが、経営資源を効率的に分配する方法になります。

ABC分析では、このパレートの法則の考え方をもとにした管理手法になります。ABC分析は、売上高の割合を累積の売上高の割合が70%以下の商品群を「A」、71%~90%を「B」、91%~100%を「C」というようにグループで分類し、「A」の商品を重点的に管理します。

ここで、ABC分析の目的を紹介します。ABC分析の目的は、主に次の2点あります。

  • 事業を効率化して企業や店舗の経営力を高めることができる
  • 実態に即した経営戦略を立てるインプットとして利用する

ABC分析によって得られる現状を確認し、力を入れるべき商品や顧客層などを把握することで、事業を効率化して企業や店舗の経営力を高めることが可能になります。また、ABC分析を実施することで、実態に即した経営戦略を立てる際のインプットとして活用されています。

また、ABC分析のメリットを紹介します。主に次の2点が挙げられます。

  • 現状を可視化して把握できる
  • 時系列で施策の効果を測定できる

ABC分析に関する問題

ABC分析の事例として,適切なものはどれか。
 ア.  顧客の消費行動を,時代,年齢,世代の三つの観点から分析する。
    イ.  自社の商品を,売上高の高い順に三つのグループに分類して分析する。
    ウ.  マーケティング環境を,顧客,競合,自社の三つの観点から分析する。
    エ.  リピート顧客を,最新購買日,購買頻度,購買金額の三つの観点から分析する。

出典:令和3年度 春期 ITパスポート試験公開問題 問21

◆確認問題の解答(イ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:「コーホート分析」の説明になります。
  • イ:正解です。「ABC分析」の説明になります。
  • ウ:「3C分析」の説明になります。
  • エ:「RFM分析」の説明になります。

システム開発プロセスとは?

システム開発のプロセスは、一般的に、「システム化構想」「システム化計画」「要件定義(業務要件・機能要件・非機能要件の定義)」「システム開発」の順に進めていきます。各工程で実施している作業概要は、次の通りです。

「システム開発プロセス」に関連する解説、関連問題に関しては、以下のリンク先を参照ください。

システム開発プロセスに関する問題

業務パッケージを活用したシステム化を検討している。情報システムのライフサイクルを,システム化計画プロセス,要件定義プロセス,開発プロセス,保守プロセスに分けたとき,システム化計画プロセスで実施する作業として,最も適切なものはどれか。
 ア.   機能,性能,価格などの観点から業務パッケージを評価する。
    イ.  業務パッケージの標準機能だけでは実現できないので,追加開発が必要なシステム機能の範囲を決定する。
    ウ.  システム運用において発生した障害に関する分析,対応を行う。
    エ.  システム機能を実現するために必要なパラメタを業務パッケージに設定する。

出典:令和3年度 春期 ITパスポート試験公開問題 問22

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:正解です。「システム化計画プロセス」で実施する作業になります。
  • イ:「要件定義プロセス」で実施する作業になります。
  • ウ:「保守プロセス」で実施する作業になります。
  • エ:「開発プロセス」で実施する作業になります。