「シェアリングエコノミー」「AI」の解説

2021年8月21日

シェアリングエコノミーとは?

「シェアリングエコノミー」とは、物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組みのことです。自動車を個人や会社で共有するカーシェアリングをはじめ、ITの普及・高度化に伴い、空き部屋、会議室、駐車スペースや衣服のシェア、家事代行、育児代行、イラスト作成のマッチングなど多様な分野があります。

created by Rinker
¥1,568 (2022/05/22 22:08:45時点 Amazon調べ-詳細)

「シェアリングエコノミー」では、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであるため、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるメリットがあります。

貸し借りが成立するためには、信頼関係の担保が必要になります。そのため、ソーシャルメディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用することができます。

シェアリングエコノミーは、シリコンバレーを起点にグローバルに成長してきました。シェアリングエコノミーの市場規模は、2013年では約150億ドルの規模ですが、2025年には、約3,350億ドル規模に成長する見込みであるとも言われています。

シェアリングエコノミーに関する問題

利用者と提供者をマッチングさせることによって,個人や企業が所有する自動車,住居,衣服などの使われていない資産を他者に貸与したり,提供者の空き時間に買い物代行,語学レッスンなどの役務を提供したりするサービスや仕組みはどれか。
 ア. クラウドコンピューティング
    イ. シェアリングエコノミー
    ウ. テレワーク
    エ. ワークシェアリング

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問31

◆確認問題の解答(イ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア(クラウドコンピューティング):「クラウドコンピューティング」とは、目的のコンピュータ処理を行うために、自社のシステム資源を使う代わりにインターネット上のコンピュータ資源やサービスを利用するシステムの形態のことです。
  • イ(シェアリングエコノミー):正解です。「シェアリングエコノミー」とは、物やサービスを所有するのではなく、インターネット上のプラットフォームを介して個人と個人の間で使っていないモノ・場所・技能などを貸し借り・売買することによって、共有していく経済の動きのことです。
  • ウ(テレワーク):「テレワーク」とは、各自が在宅などの勤務先以外のオフィススペースで仕事を行い、勤務先とのやり取りは電話、メール、チャット、テレビ会議などのオンラインで行う勤務形態のことです。
  • エ(ワークシェアリング):「ワークシェアリング」とは、仕事(work)と共有(sharing)を組合わせた言葉で、人々の間で雇用を分かち合うことを意味し、労働時間の短縮によって仕事の機会を増やす考え方のことです。

AIとは?

「AI」とは、 「Artificial Intelligence(人工知能)」の略であり、人間の知的能力(言語の理解、推論、問題解決など )をコンピュータで可能にするための技術のことです。AIの実用例として、国内シェアNo.1の「IBM Watson」がございます。

AIの解説詳細は、以下リンク先にも記載がございます。類似の確認問題も出題しておりますので、是非、参照下さい。

AIに関する問題

ある会社のECサイトでは,利用者からのチャットでの多様な問合せについて,オペレータが対応する仕組みから,ソフトウェアによる自動対応に変更した。このとき,利用者の過去のチャットの内容などを学習して,会話の流れから適切な回答を推測できる仕組みに変更するために使われた技術として,最も適切なものはどれか。
 ア.  AI
 イ.  AR
   ウ.  CRM
   エ.  ERP

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問32

◆確認問題の解答(ア)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア(AI):正解です。チャットボットには、「AI」の音声認識や自然言語処理の技術が使われています。
  • イ(AR):「AR」とは、「Augmented Reality(拡張現実)」の略であり、現実世界の情報にディジタル合成などによって作られた情報を重ねて、人間から見た現実世界を拡張する技術のことです。
  • ウ(CRM):「CRM」とは、「Customer Relationship Management」の略であり、顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との長期的な関係を企業活動に役立てる経営管理手法のことです。
  • エ(ERP):「ERP」とは、「Enterprise Resource Planning」の略であり、企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理し、経営の効率化を図るための手法のことです。