「ハッカソン(hackathon)」「不正競争防止法」の解説

2021年9月22日

ハッカソンとは?

「ハッカソン」とは、広い意味でソフトウェアエンジニアリングの意味をする「ハック(hack)」とマラソン(marathon)を組み合わせた造語であり、同じテーマに興味を持った開発者が集まり、協議・協力しながら(マラソンのように、与えられた時間を没頭し)集中的にコーディングを行う催しのことです。

created by Rinker
¥1,980 (2022/07/04 22:04:56時点 Amazon調べ-詳細)

「ハッカソン」は、googleやNTTデータなどI T企業が開催するハッカソンや、東京大学など大学が開催する「ハッカソン」など多数開催されています。

ここで、「ハッカソン」に参加する参加者のメリットを紹介します。

  • チームでシステムを、ゼロから完成まで作り上げる達成感と経験を得ることが出来ます。
  • 担当業務以外の業務を知ることや、最新技術に触れることが出来ます。

次に、「ハッカソン」を開催する開催企業などのメリットを紹介します。

  • 自社の技術や、フレームワークの活用法を見出すことが出来ます。
  • 社内人材の育成の場になります。

ハッカソンに関する問題

◆確認問題

特定の目的の達成や課題の解決をテーマとして,ソフトウェアの開発者や企画者などが短期集中的にアイディアを出し合い,ソフトウェアの開発などの共同作業を行い,成果を競い合うイベントはどれか。
 ア. コンベンション
   イ. トレードフェア
  ウ. ハッカソン
   エ. レセプション

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問19

◆確認問題の解答(ウ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:「コンベンション」とは、大規模な展示会や会議を示す用語です。
  • イ:「トレードフェア」とは、関係者が会し、情報交換や商談を行う見本市のことを示す用語です。
  • ウ:正解です。
  • エ:「レセプション」とは、接待や歓迎などのために催しを示す用語です。

不正競争防止法とは?

「不正競争防止法(平成5年5月19日法律第47号)」とは、公正な競争と国際約束の的確な実施を確保するため、不正な競争を防止し、国民経済の健全な発達に寄与することを目的とした法律です。

created by Rinker
¥5,830 (2022/07/04 22:04:57時点 Amazon調べ-詳細)

なお、「不正行為防止法」で禁止されている主な行為は以下の通りです。

  • 周知な商品等表示の混同惹起行為:すでに社会で広く知られている商品のパッケージや商品名に似せたもの(バッタもん)を販売し、元の商品と勘違いして購入するよう促す行為です。
  • 著名な商品等表示の冒用:著名な商品の名前を自社の商品やサービスの名称として利用する行為です。
  • 営業秘密の侵害:顧客情報や技術的なノウハウなど営業秘密を窃盗などの手段で取得する行為です。なお、営業の秘密は、秘密管理性(秘密として管理されていること)、有用性(企業活動に有用な技術や情報)、非公知性(世の中に知れていないこと)の三点を満たすことが必要です。
  • 商品形態模倣行為:他者の商品のデザイン・質感を模倣した商品を販売する行為です。
  • ドメイン名の不正取得:他者に侵害を与える目的や不正な利益を得る目的で、他者と類似したドメインを取得する行為です。

不正競争防止法に関する問題

◆確認問題

事業活動における重要な技術情報について,営業秘密とするための要件を定めている法律はどれか。
 ア. 著作権法 イ. 特定商取引法 ウ. 不正アクセス禁止法 エ. 不正競争防止法

出典:令和元年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問20

◆確認問題の解答(エ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:「著作権法」とは、著作者自身の著作物を、独占的に扱う権利を保護する法律です。
  • イ:「特定商取引法」とは、訪問販売や通信販売など、購入者と販売事業者の間でトラブルが生じやすい取引について、購入者を保護するために販売事業者が守るべき義務を定めた法律です。
  • ウ:「不正アクセス禁止法」とは、インターネットなどを通して、コンピュータ(スマートフォン)ネットワークなどの通信において、不正アクセス行為の規制と、その不正アクセス行為を助長する行為を規制する法律です。
  • エ:正解です。