「BCP」「SLM」の解説

BCPとは?

「BCP」とは、「Business Continuity Plan(事業継続計画)」の略であり、テロや災害、システム障害など危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、生き延びられるようにしておくための計画のことです。

「BCP」に関する詳細解説、関連問題に関しては、下記リンク先を参照下さい。

BCPに関する問題

自社の情報システムに関して,BCP(事業継続計画)に基づいて,マネジメントの視点から行う活動a~d のうち,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。
a. 重要データのバックアップを定期的に取得する。
b.  非常時用の発電機と燃料を確保する。
c.  複数の通信網を確保する。
d.  復旧手順の訓練を実施する。
   ア. a,b,c
   イ. a,b,c,d
   ウ. a,d
   エ. b,c,d

出典:令和3年度 春期 ITパスポート試験公開問題 問52

◆確認問題の解答(イ)、解説・・・「a〜d」全て適切であるため、(イ)が正解です。各選択肢(a〜d)の解説は、次の通り。

  • a:適切です。災害や落雷による停電で情報システムが動かなくなるおそれがあります。停電時でも業務を継続できるように、自家発電するための発電機と燃料を備えておく必要があります。
  • b:適切です。災害等により重要データが失われてしまっては業務の復旧できません。よって、定期的にバックアップを取得する必要があります。
  • c:適切です。インターネット回線やLAN構成機器に障害が発生すると、情報システムによるサービスが停止してしまいます。複数の回線を用意しておくことは業務継続への備えになります。
  • d:適切です。実際の有事の際にBCPどおりに動けるように、定期的に復旧訓練を行うことが有効です。

SLMとは?

「SLM」とは、 Service Level Management(サービスレベル管理)の略であり、通信サービスやITサービスなどで、提供者がサービスの品質について継続的・定期的に点検・検証し、品質を維持および改善する仕組みのことです。

SLMでは、サービス品質の目標水準(SLO:Service Level Objective)を定め、サービスを構成するシステム・機材・作業プロセスなどについて、稼働状況や対応状況を継続的に記録し、目標とする水準を維持しているか監視します。問題が発見された場合は改善策を検討し実施します。

なお、対象となる項目はサービスの内容に応じて異なりますが、一般的にはシステムの性能や可用性、データ管理、運用体制、サポート体制、セキュリティなどが含まれることが多いです。

また、保証するサービスの品質水準は提供者と利用者の間で事前に文書などの形で合意・契約することがあり、これを「SLA」(Service Level Agreement)と呼びます。

 SLMでは、このSLAに基づいて日常の活動が適正に実行されているかを監視し、評価を通じて維持・改善を行う管理のことです。つまり、SLMでは「合意」「実行」「評価」「改善」のマネジメントサイクルによって成り立っています。

ITサービスにおけるSLMに関する説明のうち,適切なものはどれか。
 ア. SLMでは,SLAで合意したサービスレベルを維持することが最優先課題となるので,サービスの品質の改善は補助的な活動となる。
    イ. SLMでは,SLAで合意した定量的な目標の達成状況を確認するために,サービスの提供状況のモニタリングやレビューを行う。
    ウ. SLMの目的は,顧客とサービスの内容,要求水準などの共通認識を得ることであり,SLAの作成が活動の最終目的である。
    エ. SLMを効果的な活動にするために,SLAで合意するサービスレベルを容易に達成できるレベルにしておくことが重要である。

出典:令和3年度 春期 ITパスポート試験公開問題 問53

◆確認問題の解答(イ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:SLAのサービスレベルを維持することは大事ですが、サービスレベルのさらなる向上もSLMの主要な活動の1つになります。
  • イ:正解です。サービス提供状況を監視し、レビューし、目標値に対してどの程度達成できたかを定期的に報告することもSLMの活動です。
  • ウ:SLMでは、顧客と合意したSLAを維持し、サービス品質を改善するのが目的になります。SLAを作成することが最終目的ではありません。
  • エ:サービスレベルは業務達成目標に基づいて定義します。達成できるかどうかでレベルを設定するのは不適切です。