「システム監査」「チャットボット」の解説

2021年1月24日

システム監査とは?

「システム監査」とは、企業や組織などにおいて、業務で使用している情報処理システムの「信頼性」・「安全性」・「効率性」などの点について、第三者の視点から、客観的に点検・評価することです。

「システム監査」に関する詳細解説、関連問題に関しては、下記リンク先も参照下さい。

システム監査に関する問題

委託に基づき他社のシステム監査を実施するとき,システム監査人の行動として,適切なものはどれか。
  ア.  委託元の経営者にとって不利にならないように監査を実施する。
    イ.  システム監査を実施する上で知り得た情報は,全て世間へ公開する。
    ウ.  指摘事項の多寡によって報酬を確定できる契約を結び監査を実施する。
    エ.  十分かつ適切な監査証拠を基に判断する。

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問48

◆確認問題の解答(エ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:システム監査は、客観的な立場から公平な判断を行う必要があります。経営者の評価を気にしていたのでは、公平かつ有効な監査は期待することができません。
  • イ:システム監査人には守秘義務が課されています。業務上知り得た情報を正当な理由なく開示してはいけません。
  • ウ:本選択肢の契約は、監査手続および監査報告の客観性・公平性を損うので不適切です。システム監査人は、発見した不備の全てを指摘事項とする必要はありません。内容と重要性を勘案し、指摘事項とするべきか判断するのが原則になります。
  • エ:正解です。

チャットボットとは?

「チャットボット」とは、 対話(Chat)とロボット(bot)を組み合わせた言葉であり、テキストや音声で自動的に対話をするプログラムのことです。

下記リンクにて、「チャットボット」の詳細解説と、関連した確認問題を紹介しています。是非、参照下さい。

チャットボットに関する問題

ある会社ではサービスデスクのサービス向上のために,チャットボットを導入することにした。チャットボットに関する記述として,最も適切なものはどれか。
 ア.  PCでの定型的な入力作業を,ソフトウェアのロボットによって代替することができる仕組み
    イ.  人の会話の言葉を聞き取り,リアルタイムに文字に変換する仕組み
    ウ.  頻繁に寄せられる質問とそれに対する回答をまとめておき,利用者が自分で検索できる仕組み
    エ.  文字や音声による問合せ内容に対して,会話形式でリアルタイムに自動応答する仕組み

出典:令和2年度 秋期 ITパスポート試験公開問題 問49

◆確認問題の解答(エ)、解説・・・各選択肢の解説は、次の通り。

  • ア:「RPA(Robotic Process Automation)」の説明になります。
  • イ:「音声文字変換(発話テキスト変換)」の説明になります。
  • ウ:「FAQ(Frequently Asked Questions)」の説明になります。
  • エ:正解です。「チャットボット」の説明になります。