企業にとって人材は大事!!ヒューマンリソースマネジメントを学んでみよう!! 〜基礎から学ぶ ITパスポート講座 第3回〜

YouTubeで、ITパスポート試験を勉強するための「ITパスポート講座」チャンネルを開設しています。

第3回として「企業にとって人材は大事!!ヒューマンリソースマネジメントを学んでみよう!!」として動画を公開しています。ぜひ、最後までご視聴をお願いします。

よろしければ、チャンネル登録、Goodボタンの登録もお願いします!!!

動画の内容の一部をここで紹介していきます。

本日の学習内容として、ヒューマンリソースマネジメントについて学んでいきます。
経営管理におけるヒューマンリソースマネジメントの重要性を理解できるようにします。

学習キーワードとして、HRテック,テレワークになります。キーワードをそれぞれ詳しく学んでいきましょう。
ヒューマンリソースマネジメントとは人的資源管理、人材マネジメントなどと訳され、人材を経営資源として捉え、有効活用するための仕組みを体系的に構築・運用することを意味します。

具体的には、企業戦略を実現するために必要な人的資源の需要を予測し、予測に基づいた採用、教育・育成、配置を行う。さらに配置した人材を動機付けていくための人事制度も含まれ、一般的には、多くは人事部の業務となります。
先ほどお伝えしたヒューマンリソースマネジメントの必要性は何でしょうか。従業員は、以前まではコストとして考えられていました。
しかし、人的資源管理という考えが広まるにつれ、現代では従業員は「コスト」から「経営における大切な資源」に変化してきました。

人的資源管理は、人に注視し人を大切にする手法で、会社にとって必要不可欠な考え方として再注目されています。
HRテックとは、Human Resources Technologyの略であり、人事・人材とテクノロジーとを組み合わせた造語です。人材採用や人材育成、人事評価といった人事領域に活用できる主にデジタル技術のことです。

HRテックは、人事に関するあらゆる業務で、最新のテクノロジーを活用して問題解決や効率化を図ります。具体的なテクノロジーとして、クラウドやビッグデータの解析、AIなどが挙げられます。

HRテックは、近年日本で注目されています。日本では少子高齢化が進む年々労働人口が減少し、業務効率化による生産性の向上や、グローバル間での人材獲得競争が高まり、新たな人材の確保が企業の大きな課題となっています。

また、近年では、働き方の多様化が進み、副業を解禁する企業や、テレワークで仕事をする人も増加しています。こうした課題や働き方に対応するためにHRテックの期待が高まっています。

テレワークとは、勤労形態の一種で、ICT を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態のことです。

テレワークには大きく3種類あります。従業員の自宅で仕事を行う「在宅勤務」、電車、バス、ラウンジ、カフェなど施設に依存せず、
仕事を行う「モバイルワーク」、サテライトオフィス、テレワークセンター、スポットオフィス等で仕事を行う「施設利用型勤務」があります。

テレワークは、就業者・企業・社会にとってプラスの効果をもたらすと言われています。

テレワークをすることで、通勤時間を削減でき、家族と過ごす時間や家事の時間を充実することができます。
また、働き方の選択肢が広がり、より充実した生活を送ることに繋がります。

就業者がテレワークのメリットを享受されることで、企業の生産性もあがり、働き方改革による経営改善に繋がります。
地震や台風や緊急事態宣言下においても事業の継続ができます。優秀な人材の確保や流出防止もできるのです。

就業者と企業がメリットを享受することで、社会にとっても労働力人口減少の緩和、高齢者・障がい者・地方居住者の雇用創出、
地域活性化に繋がり、ひいては環境負荷も軽減されることになります。
確認問題の解答・解説はYouTubeで!!

本講座では、以下サイトの内容を参考に作成しております。よろしければ、こちらも参照してみて下さい!!!